Lección 19

スーパーでの買い物と言えば、

あれ、ありますね。

あれ。

カートっていうのかな。

買い物かご乗せて押すやつ。

鎖でつながれてましてね。

勝手に持っていけないんですわ。

日本と違って、そういう処置をしとかないと

持って行っちゃうヤツがおるということでしょうな。

まぁ、もう少し穏便に

ちゃんと片づけてほしいから、かも知れない。

 

どういう仕組みかと言いますとね。

コインを入れるんですわ。

はっきり覚えてるのはスペインなんだけど、

フランスもそうだったような気がする。

そのころはユーロじゃないですから

スペインとフランスではコインが違いますけど、

日本でいいますと、

100円の価値くらいに相当するコイン。

ビール一杯分ですわ。

コインを入れると鎖が外れるようになってるんです。

鍵の代わり。

だから、買い物してる間は

自分のコインがカートにくっついてる状態。

買い物が終わったら、元の場所に戻す。

その時コインが外れるという仕組み。

 

フランスだったと思うんだけど、

見事カートを返してコインを抜いた時

地元のおばちゃんが見守ってくれてたようでね。

「そうだ」

って大きくうなずいてくれたのを覚えてます。

 

旅を始めたころから

とにかく缶ビールは持ってました。

ひと缶とかふた缶。

そのうち、6缶がセットになってますからね。

割安だったかどうかは忘れましたけど、

セットで買ってましたね。

ドイツ、オランダの間はとくにおいしかった。

ベルギーになると

ちょっと、かわりましたね。

マズくはないです。

あの頃じゃなかったかな。

アルコール8%とか、

12%なんて瓶ビールを買ったのは。

8%のやつはおいしかったんだけど、

12%のは、なんか、もう、

ビールじゃない感じでしたね。

そして、フランス、スペインになると

ワインが安いもんだから

ワインに切り替えてました。

そして、どうもビールのお味が。。。

インドやタイで飲んだビールも

なんか、それなりでしたね。

ビールって、

寒いところで作った方がおいしいのかね。

暑い時に飲むとおいしいのに。

 

そうそう、

寒い、暑いでいいますと

寒い = frío

暑い = calor

暑いねぇ。は、Hace calor.(アセカロール)

 

水道は

冷たい = frío の(F)

熱い = caliente の(C)

なんで、コールドの(C)じゃないですよ。

なんて、よく言われましたね。

 

暑ちぃ~は、Tengo calor.(テンゴカロール)

tengo = tener の一人称単数現在

tener = have = 持っている

(私は)持っている・暑い。

これ、Tengo caliente.(テンゴカリエンテ)

とは言わないようにって教えられました。

(私は)持っている・熱い。だと、

私は興奮している。になっちゃうらしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です