希望の同盟はどこにいった?

このテーマでは
北野幸伯先生のパワーゲームを
ボクの理解で興味のある部分のみ抜粋することにします。
どうしても、ボクの理解力に左右されますので、
場合によっては
北野先生の本意と違う表現もあるかと思いますので
この記事の内容について
北野先生に責任のないことをご理解ください。

世界情勢ウラ読み

12月下旬~1月上旬

イラン司令官殺害:急進展する核開発

クレムリン情報ピラミッドでは、

ソレイマニは実質的に第三番目の男。

 

まず、この情報ピラミッドの話をしておきます。

 

北野先生の表現で

情報に壁があるということです。

英米情報ピラミッド
欧州情報ピラミッド
クレムリン情報ピラミッド(ロシア)
中共情報ピラミッド
イスラム情報ピラミッド

大きなものは、この五つで、

じゃ、日本情報ピラミッドは

これに入らない小さなピラミッドか、というと

日本は英米情報ピラミッドの中にある。

こういう認識ですね。

だから、日本ではイギリスやアメリカの

闇の部分がニュースに上らないわけです。

 

戦争するためでなく、

戦争を防止するためにソレイマニを殺した。

これがアメリカの言い分です。

 

まぁ、これは出来レースで

イランはイラクにある米軍施設にミサイル撃ってますが

三時間前に、アメリカに通報してます。

アメリカ軍が避難してから撃ったってことです。

 

 

これからどうなるのか、ですね。

考え得ること

①核施設をすべて爆破
②アメリカが制裁を解いてイランが視察を受け入れる
③トランプが制裁したまま放置、イランは核開発

まぁ、②が好ましくもあり

可能性も高いと思うんですけど、

北野先生は、トランプに限っては③がありうる。と、

結局アメリカは中東の資源に興味がなくなったんですよね。

 

日中首脳会議:安倍総理が訪中した目的

これ、キンペイの国賓待遇での招待を確認したとか。

前回も紹介しましたが

北野先生の反対理由

①米中戦が始まってからやるのは裏切りだろ
②香港問題
③ウイグル問題
④中国は天皇陛下を利用する

 

今堀さんの懸念

前回天安門事件の後でも

天皇陛下は中国に利用された。

あの頃は情報がなかったが

ウイグル問題は世界が知っている。

同じことをしても、

日本の受ける悪印象は前回の比ではないのではないか。

 

北野先生

一般の日本人の認識がマズい、おそらく

「まぁ、仲よくするのはいいことでしょ」

くらいの認識なんじゃないか。

キンペイ国賓反対、国民がもっと騒ぐべきですね。

 

秋元議員逮捕とチャイナマネーの関係

なんか、今でも新たにもらったものが出てきてますけど、

呆れますね。外国から金もらったらアウトだよ。

こういうレベルはアホらしい。

今堀さんも、脇甘すぎッて呆れてます。

 

これ、特捜が動いてんです。

ゴーンと同じ。

CIAの指図ですよ。

あの問題の前防衛相も名前出てましたけど、

こんなんじゃないでしょうね。

安倍さんのチャイナ寄り添い外交が治らなきゃ

もっと大物が刺されますね。

安倍さん、それが狙いか?

 

日韓情勢:進展のない首脳会談

韓国のGSOMIA破棄

ムンジェインは、アメリカが安倍に圧力をかけ

ホワイト国に戻れると考えた。

ところが、アメリカは怒り

韓国に圧力をかけた。

ムンは北にも中国にも

GSOMIAの破棄を約束していたので

ドタン場でひっくり返したことで

相当な怒りを買った。

全てから嫌われた形。

 

12月24日、チャイナで日韓会談。

ムンは下でに出て擦り寄るが

安倍さんは一ミリも妥協しない。

 

日本は非常に有利なポジションを得ているが

ムンのオウンゴールであって

日本の戦略的勝利ではない。

 

ムンがあまりにも無能なために

ミスを繰り返してくれているだけで

たまたまラッキーが続いているだけで

北野先生からしたら

安倍外交は危なっかしくてしょうがない。

 

困窮する北朝鮮経済とミサイル挑発

ジョンウン崖っぷち外交。

その戦術

制裁を少しだけ解除してもらう。

となると、ロシア、チャイナ、韓国から資金が入る。

急激な経済成長。

トランプが、制裁再開を叫ぶ。

ジョンウンすっとぼけ。

ロシア、チャイナも制裁には拒否権発動。

 

北野先生は心配してたそうですが、

今のところトランプは譲りませんね。と、

ホッとしてます。

 

ただし、半島に対する日本人の感情が

非常に攻撃的になってる。

これは利口じゃないなぁ。と、

嫌いだから断交。

これは感情論。危険です。

 

日韓断交で喜ぶのはチャイナ。

半島は緩衝地帯なのだから

日本の身代わりになってくれる存在。

捨てるのはもったいない。

 

台湾選挙:蔡英文総統の再選

キンペイのおかげで勝てた。

去年の頭でキンペイは

「軍事力の行使を排除しない」

なんて言っちゃったんですね。

ここですかさず蔡総統は「ざけんなよ!」

と、キッパリやったんです。

 

それまでの蔡総統の人気はかなり低くなってた。

ここでちょっと、変わったんですね。

 

その流れの中で香港です。

「統一なんて言ったって形式だけで
あなた方の生活は変わらないんですよ」

そんなこと言って

平和裏に吸収しようとしてたところ

香港デモが始まりました。

なんだ、一国二制度なんて嘘っぱちじゃん。

 

バレちゃったんですよねぇ。

 

結局、ムンとキンペイがおバカ過ぎて

たまたま運よく日本に有利な情勢になってるんですけど、

安倍さん、チャイナになびいて

ぶち壊しちゃってるんですよねぇ。

 

今の米台の関係は

台湾は昔から親米で

アメリカが親台湾に決したということです。

 

地政学的な面だけでなく、

台湾の技術が、大切になってるようですね。

 

露ガスパイプラインに見る国際関係

「シベリアの力」ですね。

ロシア-チャイナ間のパイプラインの名前です。

 

プーチンは商売が下手なんで

このパイプラインはもうからないそうです。

チャイナは旧ソ連の中央アジアからも複数

パイプラインで天然ガスを買ってますし、

オーストラリアからも液化したやつを入れてます。

他所からも買えるって立場ですから

ロシアとのパイプラインは買い手市場。

 

ロシア人は

クレムリン情報ピラミッドで生きていますから

プーチンはチャイナにもガスを売ってやり手だなぁ。

てな評価だそうですけど。

今は、若い人はネットを見てますので

プーチンの商売ベタ批判であふれてるそうです。

 

こういうところね。

「シベリアの力」の途中から日本に延ばしてもらって

日本が買ったらいいんだよね。

日本がガスの価格を保証してやるよって

そういう知恵をプーチンにつけてやればいいのにね。

北方領土の話しなんか抜きにね。

 

もともとガスのパイプラインはヨーロッパに送ってました。

ただ、これがウクライナを経由してまして

ウクライナはロシアともめるんですよねぇ。

すると、パイプラインを止めるんです。

そこから先のヨーロッパにガスが来ない。

それで「ノルドストリーム」という

ドイツに直接送れる

海底パイプラインを作ったわけです。

 

ウクライナはアメリカの傀儡政権になりましたから

もう、ウクライナ経由はやめようってんで

「ノルドストリーム2」を作り出した。

それで、今度はアメリカがこれに反対。

なんでNATOがロシアにガス代払ってんだ!

去年の12月にアメリカはこの関連企業に制裁を掛けます。

そしてスイス企業が撤退。

 

こんなことやってるもんだから

アメリカとドイツは酷く対立してるそうです。

 

マクロンはEU軍とか言ってるしね。

 

英米と欧州とは、溝がありますなぁ。

 

足並みそろえないと、

喜ぶのはチャイナだぞぉ。

 

安倍さんがキッチリ反チャイナを掲げれば、

欧州(ドイツ・フランス)も転がるんじゃないかなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です