Lección 5

会話的挨拶です。

ボクは、挨拶のできない人間で

社会人として欠けている。と、よく言われます。

そんな人間ですので

常識としての挨拶が分かってない。

その人間が外国語を習うと、

どぉ~もね、ハードルを高く感じます。

 

Encantado とか Con mucho gusto とか

ホントに言うのかなぁ、なんてね。

まぁ、これは初対面の挨拶ですから

そんな場面では言うのかな。

 

問題はここですわ。

¿ Cómo está usted ? コモエスタウステ?

¿ Qué tal ?  ケタル?

「ご機嫌いかが?」ですね。

だいたいが、ボクはこんなこと言わないんだけど、

「ケタル?」の方は聞かれたかな。

まぁ、Bien とか Bien,gracias とか

答えるように習いました。

「いいよ」とか「いいよ、ありがとう」ですね。

次ですわ。

「いいよ、あなたは?」

この続く言葉「あなたは?」

当然、これはセットで習うわけですが、

これ、挨拶のできないボクの習慣にはないわけ。

当然のことながら「いいよ」で終わっちゃうわけ。

 

ここんところが、やはり、人として

マズいか。。。

そんな気持ちがないでもない。

習慣として身についてないだけで、

言った方がいいのだろう。

こうも思うわけだけど、

相手に興味がないのかな。

そんなことを口走ってみたところ

スペインが長い日本人の方の慰めの言葉

「スペイン人はおしゃべり大好きだから

あなたは?なんて聞かれなくてもしゃべりだすから」

 

あぁ、確かに。と、

マシンガントークを思い出すのであった。

 

¿Cómo está usted ?

usted = あなた

está = 状態

cómo = どう?

あなた・状態・どう?

 

¿Qué tal ?

tal = ・・・のような

qué = なに

のような・なに?

 

Bien,gracias.

bien = 良い

gracisas = ありがとう

良い、ありがとう。

 

最後に問題の「あなたは?」

Y,¿ usted ?

y = 英語の and ⇒ そして

usted = あなた

そして、あなた?

Y,¿ tú ? これもありです。

tú = 君

usted は、丁寧語です。

どちらかというと、余所行き語と受け取られ

嫌がる人もいるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です