今度は断片から、広げてみよう

教科書つながりといいますか、

学校教育という点では

この話、絶対忘れちゃいけないですよね。

イラン・イラク戦争のとき、

イラン領空を戦争空域と勝手に決めて

フセインが言い放ったのです。

「48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃する」

イランには邦人が居ました。

政府は日本航空にチャーター便の派遣を依頼しますが、

労働組合の反対で、ならず。

自衛隊の派遣は、

まだ社会党なんてのが頑張ってて、

まったく論外な時代(1985年3月17日)。

 

伊藤忠のイスタンブール支店長が

トルコ首相に日本人救出を依頼しますと、

「オッケー」てなもんです。

トルコ首相の指示を受けた

トルコ航空は救援のパイロットを募ります。

その場にいた全員のパイロットが挙手。

2機のトルコ航空機がイランに向かいます。

空席にトルコ人が乗りますが、日本人が優先。

トルコ人は陸路で、ということになるんですが、

このときトルコ人で文句を言った人は一人もいません。

 

救出された215人の日本人は

当然のことながらトルコに感謝します。

しかし、なぜ、日本政府は助けてくれないんだ。

こんな思いを持つ人もいました。

なかには、なぜトルコは自国民よりも

日本人を優先して助けてくれたのか?

このことに興味をもって、調べた人もいます。

そして『エルトゥールル号』にたどり着きます。

串本町にふるさと納税をされた方もいるそうですね。

残念なことですが、

日本政府を恨むだけの人もいるわけです。

悲しいことです。

 

エルトゥールル号のことは、

トルコの歴史の教科書に載っています。

ご存じでない方は、検索してみてください。

「エルトゥールル号」だけで十分。

サーヴィスで一つ貼っときます。

【泣ける動画】

 

してあげたことなんかは忘れてもいいです。

でも、してもらったこと、

イランイラク戦争のときにトルコがしてくれたこと、

このことは学校で教え続けるべきでしょうね。

トルコは教え続けています。

日本がそれをしないというのは、

恥ずかしいことだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です