Lección 9

ボクは、英語は話せません。

だいたい、日本人でスペイン語ができる人は

まぁ、それほどじゃなくても

スペイン語を多少なりとも知っている人は

基本、英語ができますよね。

ボクは全く英語がダメです。

ただ、日本では英語があふれていますよね。

 

高校一年生の時の出来事です。

ボクは、学校の勉強ってのが

どうにも気の乗らないものでした。

試験のために勉強をしたことがなかったんです。

となりますと、

中学から始まった英語の教科ですが、

単語が全く覚えられないんです。

テストの回答を書くにあたっても

答えが想像できても単語が書けない。

そんな生徒でした。

こういうレベルの生徒は

高校一年生にして

【meat】という単語が分からないんです。

ツレに笑われました。

「ミートボールってあるだろ

肉のボールだからミートボールなんだよ」

ボクのいう英語があふれているというのは、

こういう意味です。

そして、一応曲がりなりにも

学校で英語を習いました。

そういうレベルの英語力の人間として、

英語と大きく違うなと思う点

スペイン語のですね。

その一つ目の話しです。

 

名詞編

男性名詞と女性名詞という概念があります。

挨拶のところで出てきました(Lección 3)

Buenos días. ブエノスディアス(おはようございます)

Buenas tardes. ブエナスタルデス(こんにちは)

bueno は「良い」という形容詞で

形容する名詞に影響されます。

男性名詞の単数形のものの前では buen

複数形の場合は buenos

女性名詞の単数形では buena

複数形の場合は buenas

ということで、

día は、男性名詞

tarde は、女性名詞です。

 

おおむね【o】で終わる単語は男性名詞

【a】で終わる単語は女性名詞ですが、

día は例外的に男性名詞なんです。

 

名詞でもう一点

冠詞ってのがあるんですね。

英語もありますね。

[the,a,an]

ボクのおぼろげながらの記憶によると

[the]がつく場合は

重要な意味があったんですよね。

ボク、文法、苦手なんで

そこんところじゃなくてね。

スペイン語

当然形容詞のように変化します。

男性名詞単数 el

男性名詞複数 los

女性名詞単数 la

女性名詞複数 las

形容詞のときもそうだったけど、

なんで男性名詞単数は変則的なんだろう。

 

まぁ、いいや、そこじゃなくて

こんな体験をしたんです。

ボクがスペインの田舎に滞在してたとき

猫を見つけたんです。

あの時、27歳だったかな。

でも、覚えたてのスペイン語年齢は

幼児並みですから、

知ってる単語を言いたくてしょうがないわけです。

で、そばのド・スペイン人に

「ガト gato 」と、指さしながら言ったんです。

ド・スペイン人とこだわったのには訳があります。

田舎のおばちゃんで、

外国人(日本人)の発するスペイン語の癖など

全く頓着しない人、という意味です。

全然伝わらないんです。

「 gato 」

これ、発音、アクセント、イントネーション

どれをとっても大きく変わりそうもない単語です。

何回言ったかな。指さしながら。

おばちゃん、やっと理解したようでこう言いました。

「あぁ、エルガト el gato 」

スペイン語の名詞は

冠詞とワンセットなんじゃないかと思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です