チャイナ崩壊の始まり

このテーマでは月初に配信される

北野幸伯先生のパワーゲームを

ボクの理解で興味のある部分のみ抜粋することにします。

 

世界情勢ウラ読み

日韓戦争続報 GSOMIA破棄

先月までの流れ

日本は世界に対して説明が足らないため

世界は韓国の言い分に傾いていた。

8月23日、韓国がGSOMIA破棄

これはアメリカが

破棄しないように強力に要請していたものを

韓国が足蹴にした形。

アメリカは日韓共に同盟を結んでいるため

中立を保っていたが、日本に傾く。

トランプはG7で韓国を非難。

 

情報戦で負けていた日本は

韓国のオウンゴールで生き返る。

 

世界の見方

韓国は日本より北が好き

トランプは文よりジョンウンが好き

キンペイは笑いが止まらない

ジョンウンは自分のツキが信じられない

 

先送りのタンカー有志連合

先月までの流れ

7月9日、有志連合呼びかけ

7月19日、説明会

7月31日、ドイツ不参加表明

8月5日、イギリス参加表明

8月21日、オーストラリア参加表明

アメリカの呼びかけに60か国中

3か国のみ(英、バーレーン、豪)参加表明

アメリカの影響力が落ちている。

9月4日、日本政府は先送り。

 

ここでおもしろかったのは、

ナビ―ゲーター役の今堀さんの発言。

「ドローンで半分が供給不能って

どんだけ制空権が軟弱なんですか」

本当にやられたのかねぇ?

 

日米貿易協定

日本の農産物への関税を

PPTレベルにするということと

車系の関税に25%かけるぞ

って言われてたのを据え置きに

まぁ、成功でしょう。

でも確定するまでは油断禁物、とのこと。

 

G7サミット総括

G7の解説。

アメリカ+アメリカの子分6か国が

同一方向の決め事をしてた。

G8(ロシアを入れた)にしてみたが、

ロシアは子分のつもりはないから追い出された。

今は親分と子分連合の方向が違ってて、

子分たちは、おっかなびっくり参加してる。

 

来年はアメリカが開催国なんで

G8にするかどうかは別にして、

トランプはプーチンを呼ぶだろう、とのこと。

 

米中関税合戦

チャイナが農作物を輸入しないって言ったんで

トランプは報復関税。

8月14日のアメリカでの国内世論調査

チャイナが嫌いな人13ポイントアップの60%

アメリカは国内プロパガンダに成功している。

 

混迷極めるBrexit

ジョンソン首相と議会がルールを盾に激突。

結論は先送り濃厚

民主主義は何も決められない。

 

日本へのミサイル売却

8月27日、トランプが認可。

ずいぶんミサイルを買う(33億ドル)みたいだけど、

どうせ買うなら攻撃的兵器を買うべき。

 

買ったミサイルはミサイルを打ち落とすやつですね。

ピョンヤン、ついでに北京を狙い撃てるミサイルを買うべき。

敵基地攻撃能力があって、初めて抑止力となる。

 

トランプさんなら売ってくれるはず。

日本国内世論を変えるのが最優先課題。

 

潜水艦を量産した方がいいんじゃないか?

日本の潜水艦技術は世界が認めてるし、

黙って強気になったら

核積んでんじゃないか?って、

勝手にビビってくれると思うけどなぁ。

 

 

香港デモにおけるアメリカの関与

チャイナの報道局長の言がいいですな。

「誰もが知っている通りアメリカの作品」

 

アメリカの狙い

第二の天安網事件を起こさせること

チャイナの狙い

人民解放軍を香港警察に紛れ込ませる⇒

弾圧、香港を非難⇒すべてキャリー・ラムが悪い

 

ロシア崩壊を体験した北野先生には

今の香港はバルト三国が重なるそうです。

アメリカはソ連崩壊をモデルにして考えているはず。

ただし、レーガンとトランプの違いが大きいという。

 

レーガンはサッチャーともコールとも

中曽根ともいい関係を保って

一体となってソ連崩壊に向かわせた。

トランプさんは反感を買ってる。と、

安倍、プーチン、モディでいいんじゃないの?

 

ファーウェイがトップになったからぶっ壊せ!

香港金融がトップになりそうだからぶっ壊せ!

こんな流れだそうで、

とにかく、大国に狙われ

情報戦を仕掛けられたら

簡単に激変させられる。

今年の初めにこんな香港を想像した人はいない。

 

チャイナは日本に沖縄の領有権はないと言ってる。

香港でやられてることを

沖縄にやられる、充分考えられること。

 

考えられるっていうか、やられてるよね。